Drラース クリスターソン Dr原 正幸 紹介

名古屋/アストラテックインプラント/インプラント治療/インプラントセミナー/長久手市/原歯科
Dr.ラース クリスターソン Dr.原正幸 紹介


Dr.ラース クリスターソン Dr.Lars Kristerson

Dr. ラース クリスターソン

私は、スウェーデンの複数の病院や診療施設にて顎顔面及び口腔外科の専門医として数々の手術を行うとともに、マルメ市の大学病院やルンド大学歯学部にて臨床、研修等を行ってまいりました。
私の主な研究は、歯牙自家移植であり同研究をテーマとしてストックホルムのカロリンスカ・インスティテュートで学位を取得致しました。
その後、25年間インプラント治療に取り組み特に難症例の術式の改良に着手してまいりました。また、その一方でスウェーデンはもとよりヨーロッパ各国、プラジル、そして日本各地にて講演活動等を通じて研究発表や手術指導等をさせて頂いております。
現在、そして今後とも、インプラント治療の分野における様々な研究を行って参りたいと考えております。


プロフィール
1930年 スウェーデン生まれ。
1953年 カロリンスカ・インスティテュート歯学部卒業。
1953-1960年 卒業後7年間大学に残り、スペシャリストとしての訓練を受ける。
1960年 口腔顔面外科医としてマルモ総合病院に勤務。
1975年 ブローネマルク教授にインプラントを学ぶ。
当時、インプラントはブローネマルク教授のもとでしか学べなかった。
1979-1980年 口腔顔面外科グループの人たちもインプラント治療ができるようになった。
その後、マルモ総合病院の院長としてインプラント治療を始める。同時にマルモデンタルスクールで準教授として学生にインプラントを教える。
1995年 マルモ総合病院を定年退職。
退職後はオペだけを行うプライベートクリニックを開設し、治療に携わる。
1997年 原歯科顧問。
1998年 O.S.I 最高顧問。

ページTOPへ

 

 

Dr.原 正幸 Dr. Masayuki Hara

Dr 原 正幸

インプラントと切り離しては考えられないペリオと咬合はもとより、顎口腔系の機能回復を目的とするインプラント本来の治療術を伝えるべく、Dr. クリスターソンを名誉顧問とし、O.S.I(オッセオ スカルップ インスティテュート)を設立する運びとなりました。
私達は、一方的に講義をおこなうのではなく受講者参加型の、また一過性ではなく継続的な、そして講義だけでなく臨床研修を含む総合インプラント研修プログラムを提案させていただきます。今後、研修活動ばかりでなく学術的な活動にも発展させてゆきたい所存であります。
私達の活動が先生方と患者さんに微力ではありますがお役に立てばと考えております。


プロフィール
1950年 長野県生まれ。
1976年 明海大学歯学部卒業。
1976年 名古屋市・河合歯科医院勤務。
1979年 愛知県長久手市で開業、現在に至る。
明海大学口腔生化学講座非常勤講師
歯学博士、顎咬合学会認定医、指導医
OSEO SKARP INSTITUTE 名古屋主幹
L&M IMPLANT KLINK所長

ページTOPへ