インプラント治療の症例

名古屋/アストラテックインプラント/インプラント治療/インプラントセミナー/長久手市/原歯科
インプラント治療の症例


CASE 07

総入歯の症例

右上奥歯が4本とも失われています。

総入歯の症例

インプラントを埋めた後に型を取る際、行う装置が入っています。

→
総入歯の症例

型を取り終わった時の写真です。

→ 総入歯の症例

口の中で接続する土台のサイズを決定している写真です。

総入歯の症例

模型状で土台を製作します。

→ 総入歯の症例

同時に上の歯の部分を製作します。

総入歯の症例

口の中に土台が入った所を
下から写しています。

→ 総入歯の症例

口の中に最終的な歯が入った所をほっぺたの反対側から写した所です。

総入歯の症例 → 総入歯の症例

術前の不安なお顔と術後の表情を比べてください。
物が咬める様になるだけでなく気持ちの面でも変わられました。

総入歯の症例 → 総入歯の症例

インプラント治療を行う最終目標にした40年前の写真

歯を失うことはその患者さんの本来の顔も同時に失ってしまうことなのです。
失った歯を取り戻すことは失った本来の顔を取り戻すことなのです。
21世紀の歯科治療は単に機能を回復するだけでなく全身の健康を改善し同時に
気持ちも改善することが私達の使命と信じています。

ページTOPへ